スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yahoo!のGoogle化で失われる機能

検索エンジンYahoo!Japanは検索システムをGoogle化することを発表しました。

これにより、12月1日からはYahoo!の検索結果がGoogleの検索エンジンのアルゴリズムの影響を強く受けて表示されることになります。

PPC広告でもそうなるのは姉妹ブログにも記載したとおりです。

 ⇒Google化するYahoo!の検索結果、あなたのパソコンではどうなっていますか?


あなたがSEOとか、検索上位表示などに興味があるのであれば、Yahoo!のGoogle化は我々に一つの問題をもたらします。

Yahoo!の検索エンジンでしか提供されてこなかったある機能が、Google化することでなくなるからです。

それは、「link:」のあとにurlを入れることで表示される、そのurlへリンクしているサイトの検索です。


この「link:」機能がどうして重要なのかというと・・・。


実際にYahoo!検索の結果を載せてみます。

これは「APEC」という旬のキーワードでYahoo!検索した結果です。

APECの検索結果がYahoo!のものである場合

赤枠で囲んでいるところにあるように、この検索結果はYahoo!の検索エンジンによって表示されているものです。

そこで、先ほどの「link:」機能を使ってみましょう。

APECという検索で検索結果の一ページめに出てきたあるサイトのurlを入れて、

「link:http://www.yokohama-・・・以下は省略」

で、検索をかけてみます。


すると出てくるのがこんな画面です。

APECのあるサイトのバックリンク

これが何を表示しているかと言うと、そのサイトにリンクを発しているとYahoo!が認識しているサイトのURLです。

つまり、バックリンク効果を発揮しているサイトがどこであるのかがすべて表示されます。


・・・これで何がわかるのか?


あなたのライバルサイトのurlを入れて調べれば、そのバックリンクを確認することができます。

その情報をもとに、あなたのサイトをライバルと同じレベルかそれ以上に引き上げることができます。


リストの中に相互リンクを受けてくれそうなところがあれば、メールなどでお願いします。

トラックバックが打てそうなブログ記事があれば、打たせてもらいます。

相互リンク受付はなくても、コメントを入れたりメールでやり取りすることで仲良くなり、ダメもとでリンクを貼ってもらえませんかとお願いすることもできます。


ともかく、上位表示サイトがどんなサイトからバックリンクをもらっているかが見えるわけです。

これはサイトアフィリエイトにおいて、規模を拡大してから非常に大きな比重を占めてくる情報であり、作業なのです。


この機能がなくなってしまうのですよ、12月1日から。

ゆゆしき問題なわけです。


それが終わるまでに、何とかせんといけんとです。


何をなんとかするかと言うと、バックリンクをひたすら調べておく作業を急いでやるのですね。

でも、手作業で大事なキーワードについてこれを行うのは気が遠くなる作業です。

と言うところにおあつらえ向きにこんなものが・・・(笑)


 ⇒12月1日までにバックリンクをかき集める無料ツール


ツールの詳細はまた先の記事で書きます。

今は一刻も早く手に入れて、バックリンクサイト群のリスト収集を始めてみてください。



ちなみにワンタイムオファーで月極め塾の無料登録が提示されますが、そこについているツールの使い方、けっこうわかりやすかったです。

30日間無料なので申し込んで手に入れてみるのは悪くない選択だと思いますよ。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

SEOまうす

Author:SEOまうす
サイトアフィリエイトをやっています、まうすです。自分で調べたことや実践していることについて、できるだけわかりやすく書いて行きたいと思います。グーグルアドワーズの歩き方からサイトアフィリエイトやSEOに関するカテゴリをこちらに移植しつつ、書き足していきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。