スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事のタイトルやコンテンツに関して

アフィリエイトサイトのタイトルやコンテンツのキーワードの選び方について二つの記事を書きましたね。

 ⇒知らない商品をアフィリエイトするサイトコンテンツの作り方

 ⇒知らない商品を紹介するサイトのバックリンクの作り方


最初の記事では成約に結び付けるためのメインサイトのコンテンツを作る上での考え方を書きました。

次の記事ではそれをサポートするためのバックリンクサイトのそれを書きました。

どちらも概略的で言葉足らず、重なる部分も多いのなのですが、それをあえて二つ並べました。


初心者のうちはどのサイトも2番目の形で作ってしまっていることに気付いてほしかったからです。


メインキーワード+サブキーワード、あるいは販売ページからツールで抽出したキーワード。

それらは商品に関連性の深いキーワードではありますから、バックリンクサイトにちりばめることは重要です。

検索エンジン対策の上でも、関連するキーワードの入ったサイトからのバックリンクは高い評価を受ける・・・と言うことになっています(真実はGoogleしか知りません)。

バックリンクサイトとして、あるいは楽天クリックやアドセンスが目的ならそれでも数を作れば目的達成できるかもしれませんが、それでは一カ月数万円レベルから抜け出せません。



メインサイトで大事にすべきなのは、検索エンジンではありません、訪問者です。

訪問者対策(Unique Visitor Optimization, UVO)が最も大事なのです。

 (今、かってに造語しました。(・_・)ノ☆(*__))


メインサイトで目指すべきは訪問者の目的・悩みに応えるコンテンツを用意することです。

そして、訪問者には、これが探していた情報だと納得していただかねばなりません。


その時に初めて、訪問者はあなたのサイトに書かれている情報を価値が高いものだと認め、信頼感が生まれ、購入への気持ちが芽生えるのです。

その気持ちまで誘導した後でアフィリエイトリンクをクリックしていただく。

これが成約に結び付けるために必要なメインサイトコンテンツの条件です。


それを考えて、さかのぼって考えれば、どんな記事タイトルをつければよいかがわかりますよね。

悔しいけど、それをわかりやすく具体的に書いてあるブログの記事を紹介します。

記事タイトルを正しく作れば売り上げは100%上がる!アフィリエイト実践編


このサイトを作ることにしたきっかけをいただいた水野さんのブログ。

知識も実践結果もすごいのですが、何よりも、ほとばしる情熱が読むものを興奮させてくれます。

お勧めです。


・・・でも、私のこのサイトも忘れないで見に来ていただければ嬉しいです。(^^ゞ

スポンサーサイト

知らない商品をアフィリエイトするサイトコンテンツの作り方

Yahoo!のGoogle化により、日本での検索エンジン対策も世界と同等にGoogle検索対策となります。

これからのサイトアフィリエイトはコンテンツ重視、大切なのは質と独自性です。

と、考えると少し古い記事ですが、補足しながら書き直してみますね



サイトアフィリ展開の小技について書いてみます。

あなたのよく知らない商品やサービスをアフィリエイトするときにどうやればいいのか?

(自分が買ってないものは売らないと豪語なさる方は読まないでくだされw)


成約のためのメインサイトはhtml、つまりホームページ形式で作ります。

こちらは5ページ程度の内容でかまいません、それに加えてキラーページを一つ作ります。

成約のためだけの、決めの記事と画像、そしてアフィリエイトリンクだけのページですね。


で、ここで補助的なツールの登場です。

まずはメインサイト作成のツールですが

メインサイトは
PPCWriterで複合サイトにするか(ただいま販売停止中ですが、購入者有志の間でニューバージョンのベータテスト中です。)、
楽ペラでペラサイトにするか(楽ペラ\2980も販売停止です)、
パーフェクトトレジャーのhtml作製ツールを使うか(段階的値上げ中でそろそろ手が出せなくなります)、

それはあなたにおまかせしますが、どちらにしても一つでもツールを手に入れれば、すごく簡単にhtmlサイトが作れます。

FC2や忍者の無料サーバーでも、さくらインターネットやロリポップ、Xサーバーのレンタルサーバーでも、サブフォルダ作ってどんどんアップしましょう。


あ、コンテンツの作り方でしたね。(^_^;)

さて、このメインサイトのサイト構成ですが。

一番わかりやすいのは、商品名をメインキーワードとして、サブキーワードをその商品のセールスページに多用されているキーワードに求めることです。

でも、タイトルや、サイトの説明分にはそれらのキーワードを含めるのは基本として、もう一つの大事な基本があります。

それは「誰かの特定の悩みを解決する」タイトルとコンテンツにすることです。


紹介するその商品で、訪問者のどんな悩みが解決されるのか?

他の商品に比べればどんな点でその商品にしかないユニークさが訪問者の悩みを解決してくれるのか?

それをあなたの言葉で説明することが大事です。


「・・・あのさ、買ってないものでそんなのわからないじゃん?」

そうですね、詳細はわからないです(爆)。


でもね、特殊なものならともかく、商品販売ページや、レビューサイトで見たらどんなものか想像つくでしょう?

そしたら、それで何ができるかを考える。

得られるであろう結果を、どんな人がどんな目的で使えばどんな結果が得られるのか、そこから想像するのです。

そしたら、その想像した人向けにそのことを訴えかけるサイトにするわけですよ。


どうしてそんなややこしいことをしなければならないのか?

それはね、商品名+販売ページから抽出したキーワードだけでは競合が多くて負けてしまうからです。

あなたがあなた自身で想像した特定の人に対してアプローチするサイトにしてしまえば、そんな競合は発生しません。


もっとわかりやすく書いてくれているのがこれです。

 ⇒あなたの独自キーワードが火山の爆発のように噴き出すようになる発想方法

ご心配なく、無料レポートです。



プロフィール

SEOまうす

Author:SEOまうす
サイトアフィリエイトをやっています、まうすです。自分で調べたことや実践していることについて、できるだけわかりやすく書いて行きたいと思います。グーグルアドワーズの歩き方からサイトアフィリエイトやSEOに関するカテゴリをこちらに移植しつつ、書き足していきます。よろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。